病院でのED治療は、ハイアグラなどの投薬が一般的ですが、手術などの方法もあります。

病院でのED治療

診療

勃起に関係する血管の異常によって引き起こる勃起不全を「血管性ED」と言い、血管外科手術とは、血管系の問題を手術することによって解決する方法です。病院でED治療を行う場合、手術医療には大きく分けて2通りの血管外科手術があります。この手術においてキーワードとなるのがペニスへの血液流入が不十分なときに起こる動脈性EDと、静脈性であるペニスに流れる血液を防ぐ閉鎖機構が不十分な場合に起こる静脈性EDです。

動脈性EDの手術

動脈性EDの手術の場合動脈にどのような問題が存在するかによって、手術法は異なります。


・「狭窄」骨盤内に存在する太い血管の流れが阻害されている状態

この場合、人工的な管や自分の静脈などを使用して、患部を回避した血液の通り道を作る=バイパス手術や、カテーテルと呼ばれる細い管を血管に通すことにより、狭窄部を拡張する手術方法が行なわれます。


・細かい抹消動脈が閉塞することによって勃起が妨げられている状態

この場合、ペニスの血管のいくつかをつなぎ合わせることにより、陰茎上部にある「深陰茎背静脈」を動脈化し、陰茎海綿体へ流入する血液量を増加させる手術を行ないます。合併症として亀頭の過血流、陰茎浮腫、持続勃起症、陰茎知覚低下などが起こる可能性があり、手術の成功率にもばらつきがあります。


静脈性EDの治療法

静脈性EDは陰茎海綿体からの血液の流出が多く、血液をペニスにとどめておくことが難しい状態です。若い年代で流入動脈が正常な患者が受けられます。手術は深陰茎背静脈切除、陰茎脚結紮術を行い、血液の流出を少なくします。


プロステーシス

プロステーシスとは人口器官のことです。「陰茎プロステーシス」は、ペニスにシリコンの支柱を埋め込み、勃起状態を実現させる手術方法でありますが、この手術は受けたからと言って性的快感が増す事はありません。他ED治療が無効な場合や、病気などで適応外の場合に行う、ED最後の治療法ともいえます。


以上のように病院でのED治療を紹介しましたがこれら代表的なED手術を受けたからと言って確実に治るという保証はありません。また入院する事で入院費用、手術代も含めたら約80万円前後は掛かると言われています。そうなる前にEDを予防しておく事が大切です。バイアグラやレビトラ、シアリスは持ってるだけでも精神的に安定するという作用が働きます。通販サイトで気軽に購入できるのでお守り代わりとして持っておくのもEDの治療の一環と言えるでしょう。



ばいあぐら

勃起不全とは