勃起不全治療にはバイアグラやカマグラゴールドなどのED治療薬を服用する事の他に、勃起現象の仕組みを理解する事も必要です!

勃起の仕組み

男性とバナナ
生理現象である勃起は、意図した時はもちろんのこと、ふとした時にもペニスが起つ現象のことを言います。

そのメカニズムはどういったものでしょうか。

勃起のメカニズムはとても複雑で、ペニスだけではなくいくつかの器官が機能して起こります。

勃起には二種類のパターンがあり、どちらのパターンも前提となるものは「性的な刺激」です。

中枢性勃起
勃起の作用の説明イラスト まず一つが視覚的なもの、想像、聴覚などの刺激が大脳を興奮させると、興奮が脊髄にある勃起中枢に伝わります。

そして勃起中枢から陰茎へ信号が伝わります。陰茎には海綿体と呼ばれる部分があり、スポンジ状になっています。そして無数の血管があるのですが、この信号により血管へ一気に血液が流れていき海綿体は膨れ上がり硬くなります。

これが勃起と呼ばれる状態です。

そして、勃起がしばらく治まらない理由として、勃起をすると静脈が塞がれてしまいます。

その影響で圧迫されてしまい血液の循環が出来なくなり、これが勃起状態の維持です。

反射性勃起
下着の男女 もう一つ、勃起のパターンがあり物理的な刺激によっても起こります。

ペニスへ直接触れたり微妙な振動が当たったりすると起こるのですが、仕組みとして上記のものと変わりません。

大脳が物理的な刺激に興奮し、勃起中枢から陰茎へと経由して起こります。

もう少し補足をすると、陰茎の海綿体へ一気に血液が流れこむ理由としてある物質が関わってきます。「サイクリックGMP」と呼ばれるものです。

大脳から送られた興奮が海綿体まで届くと「一酸化窒素」が増えます。その一酸化窒素が放出をされるとサイクリックGMPが増加し、血管や筋肉を緩ませます。この影響により、海綿体へ一気に血液が流れこむのです。

やがて、射精をしたり、時間の経過で勃起がおさまるのですが、そのためにもある物質が必要となります。

その必要物質が「PDE5(ホスホジエステラーゼ5)」と呼ばれている酵素です。
海綿体の中にはこの酵素が数多く存在しており、勃起に作用するサイクリックGMPを分解する事が出来ます。

PDE5が増えると勃起状態が解除されるのですが、PDE5も無くてはならないものです。

3時間も勃起状態が続いてしまうと勃起に関わる機能が壊れてしまい、正常にできなくなる恐れがあるためです。

朝立ちと夜立ち
朝立ちにびっくりする女性 そして、男性なら誰でも経験がある「朝立ち」についてですが、これにもしっかりとした理由があります。

朝立ちの仕組みとしては、夢で女性の裸や性的な夢を見た場合に起こると誤解されがちですが、睡眠のメカニズムの方が関係しています。

毎朝現象が起こるというわけではありませんが、比較的若い時期に起こる現象として上げられている朝立ちは、ノンレム睡眠時に神経が刺激されるために起こります。

逆に「夜立ち」という現象はレム睡眠時に神経が刺激され起こる現象です。
これは一種の勃起現象の確認作業とも言われており、眠りについている時に身体が機能の確認をしているのではないかと言われています。

このように勃起は単純な現象ではなく、いくつかの器官がすべて正常に機能する事で起こる現象で、勃起現象が起こるタイミングにもしっかりとした意味があるものなのです。



ばいあぐら

勃起不全とは