EDの対策と予防には常に自己診断セルフチェックをする事が必要です。勃起に対して違和感などを感じた場合は注意が必要です!

TOP  > EDの予防と対策

EDの予防と対策

 EDの予防と対策

国内では軽度から重度のED患者を含めると推定で1800万人以上はいると言われています。一昔前はEDは「インポ」「インポテンツ」などと人格を傷つける言葉として使用していました。そしてインポやインポテンツと耳にすると、完全に勃起できない状態の意味合いで使用されていました。

それまでED(勃起不全)は加齢によるものだから仕方ないものとも考えられてきました。しかし、バイアグラED治療薬の先駆けとして登場して以降、その認識が誤りであることが分かり、諦めていた人々の希望となり、これまで治すことは不可能と考えられていたED(勃起不全)は、現在ではED(勃起不全)は治せる病気と認識され、定着してきています。

その後、バイアグラのジェネリックが登場し、価格が大幅に下がったことでより手軽にED治療が行えるようになりました。

カマグラ(ゴールド)の通販はこちら

EDについて

EDの定義は「勃起機能の低下」を主に指します。英語では「Erectile Dysfunction」と呼ばれ頭文字だけ取った形でEDと呼ばれるようになりました。日本語では勃起障害、または勃起不全と言われています。EDの症状を詳しく言うなら、「性行為中に勃起の維持ができずに、満足な性交が行えない状態」「満足いく勃起をする事ができない」等と定義されています。

EDは年齢に関係なく発症する

EDは年齢に関係なく若い人でも発症します。普通に考えるとEDは加齢と共に発症していくものだと思いがちですが、ここ最近は若い20~30代のED患者が軒並み増えていっています。こういった若い人のEDの原因の特徴としてあげられるのが心因性EDと呼ばれるもです。精神的な面が作用してEDを発症してしまったという事がほとんどです。

年配の方が掛かる極一般的なEDは身体的な問題から発生するEDです。 生活習慣の乱れ、糖尿病などといった成人病から合併して起こる器質性EDがほとんどです。 大体、ED発症の原因としてはこの心因性EDと器質性EDの2つとなります。

EDの種類についてはこちらから

EDの重症度

EDはその症状によって重症度が決められます。重症度を判定することで症状に合わせた適切なED治療が選択されます。

軽度のED
勃起について若干の違和感を感じる、前より勃起の硬さがなくなった

中程度のED
性交中に中折れをしてしまう。半立ちの状態が長く続く、勃起するのに時間が掛かったりする

重度のED
全く勃起をすることができずに、性交をすることができない。

※EDの患者の症状として一番多いのが中程度のEDです。

EDの重症度はそのまま、性交の不可能な頻度でもあります。日本国内における中程度以上のED罹患者は1130万人とも言われます。また、40歳以上になると5人に1人が、50代ともなると2.5人に1人が中等度以上のEDを発症しています。

ED患者は増加していく一方ですが、その背景にはきちんとした治療をしていない、 対策がなされていない等があげられます。良く耳にするのは、 恥ずかしくて病院に通院することができない、病院の何科を受診していいのか分からない、 仕事やプライベートが忙しく通院する時間が取れない。等がよく言われています。

しかし、今ではインターネットも普及して、通販でED治療薬を購入することができます。 誰にも知られずに自宅で治療をすることができます。通販でしたら、 病院に通院する時間も省けて、そして診察代も掛からずに費用も抑えることができます。 更に通販だけの特権ですが、国内では入手できないジェネリックも購入することができるので、 更に費用を浮かせることができます。是非、有効活用することをオススメします。

ED予防!勃起不全セルフチェック

セルフチェック

1人で悩む前に!
自分はもしかしたら勃起不全ではないか?と感じたら、一度セルフチェックで確認をしてみましょう。

正確な診断ではありませんが、数多くの医師や製薬会社がサイトに掲載しており、 あながち間違ってはいないセルフチェックですのであまり深くは考えず軽い気持ちで参考程度にしてみてください。

IIEF(ED問診票)と呼ばれ
正式名称「International Index of Erectile Function(国際勃起機能スコア)」
というセルフチェック法です。

5つの設問があり合計点数が21点以下でしたら勃起不全の疑いがあります。

それでは過去半年の間に思い浮かぶ状況を選び点数を合計して下さい。
答えの横にある[]内の数字が点数です。

問1.勃起をして、その状態を維持する自信はどれくらいありましたか?
[1]非常に低い [2]低い [3]中くらい [4]高い [5]非常に高い

問2.性的刺激により、勃起をした時にはどれくらいの頻度で挿入可能な硬さになりましたか?
[0]全くなかった [1]ほとんど、またはまったくならない [2]たまに(半分より下回る) [3]時々(半々) [4]しばしばなった(半分より上回る) [5]ほぼいつも、またはいつも

問3.性交中、挿入後に何回の頻度で勃起を維持できましたか?
[0]性交を試みなかった [1]ほとんど、またはまったく [2]たまに(半分より下回る) [3]時々(半々) [4]しばしば(半分より上回る) [5]ほぼいつも、またはいつも

問4.性交中、性交を終了するまで勃起を維持するのはどれくらい困難でしたか?
[0]性交を試みなかった [1]極めて困難 [2]とても困難だった [3]困難だった [4]やや困難 [5]全く困難ではない

問5.性交を試みた時、どれくらい性交に満足できましたか?
[0]性交を試みなかった [1]全くなかった、またはほとんどなかった [2]たまに満足(半分より下回る) [3]時々(半々) [4]おおかた満足(半分より上回る) [5]ほぼいつも、またはいつも満足

いかがだったでしょうか?21点よりも上でしたか?
もし下回ってしまった場合はその半年の期間たまたまちょっとお疲れ気味だったという場合もありますし、本当に勃起不全の可能性もあるので、まずは思い当たるふしや、その原因の究明するようにしましょう。

そしてもし本当に勃起不全だった場合にはバイアグラやカマグラゴールドなどのED治療薬を用いた改善方法がとてもおすすめです。

カマグラ(ゴールド)の通販はこちら

EDの予防と対策は生活習慣の改善から

 EDの予防と対策は生活習慣の改善から

ED予防は生活習慣から予防できます。運動不足の改善、食生活の改善、生活習慣の改善は健康を維持するために必要不可欠ですがEDにも同じことが言えます。EDのなかでも特に器質性EDは、糖尿病や高血圧、動脈硬化と言った生活習慣病と密接にかかわりがあります。生活習慣を改めることで生活習慣病とともにEDを改善しましょう。

肥満、運動不足の解消

体力の低下はEDを誘因してしまう可能性があります。適度な運動によって肥満、体力の低下を防止し、EDを予防します。アメリカの研究では週に2.5時間以上のランニング程度の負荷をかける運動を行っている群はほとんど運動しない群と比較してEDリスクが30%低下するというデータが報告されており、EDが体力と密接に関係性があると考えられます。

EDとも密接に関わりがある男性ホルモンのテストステロン。このテストステロンが低下するとEDの発症リスクが上がるのですが、テストステロンの低下要素として加齢と肥満が指摘されています。テストステロンの低下は精巣内の活動が低下していることでもあり、性欲低下やEDにつながります。

加齢は止めようがないのですが、肥満は定期的なトレーニングや運動によって改善できます。肥満、運動不足を解消するには日ごろからランニングやフィットネスジムでトレーニングをすることが最も効果的です。

食生活の改善

肥満がEDの要因の一つであること。それは、テストステロンの低下による性欲の低下や動脈硬化や高血圧を招き、器質的EDを引き起こすことから改善するべきことです。そのためには日ごろの運動だけではなく、食生活も改める必要があります。

肥満の原因としては高脂肪高カロリーの食生活がまず挙げられます。肉中心の食生活、バターや小麦粉を大量に使う料理などは最低限に留め、魚介類や野菜を中心とした食生活に改めます。そして、塩分の摂取にも気をつけます。塩分の取り過ぎも高血圧や動脈硬化の原因となります。

低脂肪、低カロリー、減塩の食生活に改めることで肥満を解消し、生活習慣病を改善、ひいてはEDの予防と食生活の改善がEDだけではなく、健康増進にも結びつきます。

動脈硬化の予防は器質性ED予防にもつながる

動脈硬化は器質性EDの原因である血液循環の停滞の直接的原因の一つです。動脈硬化は老化現象の一つで何も対処しなければ年齢とともに症状が進行していきます。動脈硬化の進行を食い止めるには血液をサラサラにし、血圧を上げないことが重要です。そのためには青魚などに含まれるEPA・DHA。貝類などに多く含まれるタウリン、海藻などに多く含まれる食物繊維、ホウレンソウなどに含まれる葉酸を意識して摂取することが重要です。

血液の循環が改善すれば器質性EDも改善します。そして、ED治療薬のバイアグラも使用することでより効率的にEDを改善することができるようになります。

EDの予防と対策のまとめ

 EDの予防と対策のまとめ
早めの予防と対策が何よりも大切です。あらゆる病気に共通して言えることなのですが、 とにかく早期治療が大切です。EDも早期治療で進行を抑えることができて、 とても早い治療をすることができます。早期治療をするには、 少しでも勃起についての違和感を感じた時にEDを疑うことが何よりも大切です。

少しの勃起の変化も見逃さずに常に注意を払うことは大切です。 また、通販 ではバイアグラやカマグラのようなED治療薬を簡単に購入することができるので、 ED治療薬は持っているだけで、お守り代わりとなるので、 心因性EDの人にはとても効果的です。そういった工夫をすることでEDの予防と対策になるでしょう。是非、試してみてください。

カマグラ(ゴールド)の通販はこちら