勃起不全と早漏は実は深い関係にあります。これらを同時に治療するにはバイアグラの主成分を含むスーパーカマグラが有効です!

勃起不全と早漏の関係

ビンタする女性とされる男性
勃起不全(ED)とは陰茎がなかなか勃起をしない、硬さが不十分であるため女性器に挿入できたとしても中折れ(性行為の最中に陰茎が萎えてしまう事)が発生してしまう状態を言います。

早漏(PE)とは、挿入前、または挿入直後1分から3分の間に男性が射精をしてしまう射精障害です。

EDと早漏は全く違う神経が作用して起こるので、一見関連性が無さそうな二つの症状ですが、勃起不全を発症すると早漏症も併発する人は決して少なくなく、実際に併発した人にとっては大きなコンプレックスとなるようです。

直接原因があって併発するわけではなくて、間接的な関わりで起こる問題です。

勃起不全患者の実に3人に1人が早漏に悩んでいるというデータがあり、切っても切れない関係であるとはいえます。

ではなぜ、勃起が十分に行えないのに射精が早くなる早漏を発症してしまうのでしょうか。

理由としては、身体的な要因よりも精神的な要因によって起こると考えられています。

双方の症状も性交を十分満足に送れない緊張、女性側からの不満により大きく悩み、その不安がつきまといます。

都合良く勃起現象が起きたとして、性行為を行えたとしても、勃起不全のために中折れをしてしまい、性行為が中断してしまう可能性もあります。

そこで無意識に萎える前に射精をしないと、と思い込んでしまうために短い時間で射精に至ってしまうのです。

自立神経系等の説明イラスト これらの現象は自律神経も関係してきます。
緊張などを常に感じてしまうと、自律神経の「交感神経」が優位に立ちます。

交感神経は射精を促す自律神経です。大脳が興奮状態のままなので射精を抑える事が出来にくくなり、勃起にも影響を与えます。

反対に勃起を促す自律神経が「副交感神経」です。
こちらが優位だった場合にはリラックスしている状態といえます。

大脳が興奮状態であった場合にそれを抑制する作用があり、ある程度は射精時間をコントロールしやすくなってきます。

緊張や不安を取り除き、性交の際も少し冷静になれればどちらの問題も解決への道が開けます。

カマグラと若い女性 とはいえ、コツコツ毎回性行為を行う際に努力をしていかなければならないという事を考えると、手間でもありますし面倒です。

その場で勃起不全と早漏症を同時に改善したいという場合にはスーパーカマグラというお薬がとても効果的です。

スーパーカマグラはバイアグラと同じ有効成分が使われており、その成分はクエン酸シルデナフィルです。

これは勃起を解消させてしまう酵素を阻害し、勃起に十分な血流を与えるのに役立ち、勃起不全の悩みを改善してくれます。

スーパーカマグラはジェネリックということもあり、バイアグラよりかなり低価格が魅力です。

OKサインを出す医者 さらにスーパーカマグラには、バイアグラには含まれていないダポキセチンという成分が追加され含まれています。

この成分がどのような効果を発揮してくれるのかということとなりますが、これは早漏の治療に有効な成分となっており、勃起不全の症状を改善させるのと同時に早漏の悩みを改善できるお薬で勃起不全だけではなく、早漏の悩みを持つ人にも人気です。

セロトニンには脳の興奮を静める作用がありますが、タポキセチンにはそのセロトニンの濃度を高めることで、性的に興奮している脳の状態をしずめ、射精時間を長くする効果があるとされています。

スーパーカマグラの服用方法は1日1回、性行為の30分~60分程度前に飲むのが良いとされており、その持続時間はバイアグラと同様で4時間~5時間です。

もし現状、勃起不全と早漏症で同時にお悩みの方は是非参考にしてみてください。


ばいあぐら

勃起不全とは