バイアグラやカマグラゴールドを初めてとしたED治療薬は、効果が強い分、副作用や禁忌薬には十分注意しての服用が必要です!

副作用と禁忌薬には注意が必要

心臓を抑える男性
勃起不全に悩まされる男性は近年とても増えています。
また、自分では大丈夫と思っていても、中程度の勃起不全も含めると全体の日本人男性の実に4分の1が勃起不全であると言われています。

あくまでこれは通院している人の統計を元にしているものですので、通院していない人も含めるとさらに増えると予想されています。

これだけ多いと少子化の要因の一つに数えられ、社会問題になりつつある事も納得できてしまいます。

その勃起不全の治療に効果的なお薬としてED治療薬が存在しますが、そのお薬も現在では先発医薬品から後発医薬品まで含めるとものすごい種類のお薬が開発されています。

そんな数あるお薬の分だけ、副作用も存在すると言っても過言ではありません。
特に先発医薬品のバイアグラ、レビトラ、シアリスについては効果が高い分、副作用も強めといった傾向がみられます。

一つ一つお薬の副作用を見ていきましょう。

カマグラの購入はこちらから。

副作用の比喩画像
















バイアグラ
バイアグラの作用時間は5時間程度と言われていますが、個々の体質やその日の体調にとても左右されます。

バイアグラの効果が切れれば副作用も当然なくなりますが、副作用が強すぎる場合や、お薬の効果がなくなっても副作用がなくならない場合はかかりつけの医師などに相談する事をおすすめします。

バイアグラの副作用
頭痛・眩暈・動悸・目の充血・顔の火照り

レビトラ
レビトラは水に溶けやすいので、お薬の効果はもちろん、副作用が現れるのもとても早いです。

さらにレビトラは個人差はありますが、統計的に効果も副作用もどちらも強いと言われています。

レビトラの副作用
胃痛・眩暈・頭痛・顔の火照り・動機・目の充血・鼻詰まり・異常視覚

シアリス
シアリスはお薬の効果が現れるまで、また現れてからが非常に長いお薬です。

お薬の効果は約36時間程度持続します。

効果、副作用、ともに決して強くはないため、体質によっては効果も副作用もどちらもあまり感じないという人もいます。

初めてED治療薬を服用する人には比較的、安心して服用する事ができるお薬と言えるのではないでしょうか。

しかし副作用が少ないと言っても医薬品である事に変わりはないので、人によっては強めの副作用を感じる場合があります。

シアリスの副作用
顔の火照り・鼻詰まり・筋肉痛・関節痛・目の充血・頭痛

飲み合わせの注意を促す男性の写真 もっとも注意すべきは禁忌薬
上記にあげた副作用は、あくまでED治療薬を使っても大丈夫と診断された人に起こりえる一般的な副作用です。

用量を守っていれば重篤な副作用などが起こったりする可能性はないに等しいです。

しかしシアリスを服用する際、まず確認しなければならないことが、現在自分がかかっている症状過去及び、現在の他の病気、そして現在服用中の薬。これらを把握していない場合、命に関わる事態が起きかねないです。

狭心症などの心臓病によく用いられているニトログリセリンなどの併用禁止薬を使用している方はシアリスを絶対に服用しないでください。急激に血圧が下降し、重い副作用を起こし、命を落としてしまう可能性もあります。

シアリスを使用した後、誤解されがちなのがシアリスを使用したらすぐに勃起するということです。シアリスは使用することで血管が広がって、たくさんの血液が海綿体の中に流れこみ、勃起が起こります。ですので、シアリスは性的な興奮を高める薬ではないということです。

シアリスは、服用後36時間まで効果が認められています。その間、性的な刺激があった時に勃起が起きます。つまり、シアリスの効果は36時間続くといっても、36時間勃起しぱなしというわけではありません。もし使用した後に性的刺激が無いのにも関わらず4時間以上勃起が続く場合は医師に診断してもらうべきです。

もし、シアリスを服用した後に狭心症の発作が起きた場合、必ずシアリスを「服用していること」「服用した時間」を医師にお伝えください。一般に性行為は心臓に負担をかけますので、今まで狭心症と診断されたことがない方でも、性交中に狭心症の発作を起こすことがあります。一般に狭心症の発作の治療には硝酸剤がよく使われますが、シアリスを使用している場合、急激に血圧が下がる恐れがあります。その場合最悪死に至ることもあるので医師には包み隠さず伝えましょう。

ばいあぐら

勃起不全とは