元祖ED治療薬バイアグラ。登場から20年経ち、豊富なジェネリックが登場し、通販でも高い人気を誇ります。

元祖ED治療薬バイアグラ

時計
1998年に販売されたバイアグラ。当時まだEDの治療法が確立しておらず、有効な手立てが何一つなかったとき、画期的なED治療法としてバイアグラは世界中で脚光を浴びました。それは狂乱とも呼べるもので、日本でも個人でバイアグラを入手し高値で裏取引されていたりもしました。当然ですがバイアグラは当時はまだ未認可医薬品なので国内での売買は違法です。

そんなこともあり、厚生労働省としては異例のスピード認可、日本でも販売が開始されついに日本でもEDを治療する医学的な手法ができるようになりました。

バイアグラのご購入はこちらから

豊富なジェネリック

1998年の登場以来、バイアグラはED治療薬として確固たる地位を築きました。また、販売から20年もたち、特許が切れたことで日本、インドなど様々な国の医薬品メーカーがこぞってバイアグラジェネリックを販売しています。カマグラもそんなバイアグラジェネリックの一つで、現在最も人気のあるバイアグラジェネリックと言われています。

バイアグラジェネリックの特徴はなによりも経済的な価格です。バイアグラは一錠1200~1500円程度とどうしても割高感がありますが、ジェネリック医薬品だとその価格は3~400円とバイアグラの1/3程度になるので、躊躇していた方も購入しやすくなります。

海外のバイアグラジェネリックは国内で購入できませんが個人輸入代行の通販サイトから購入することができます。

そんな海外でも豊富なバイアグラジェネリックをご紹介します。

カマグラ(カマグラゴールド)についてはこちらから。

シラグラ
時計
シラグラはインドの製薬企業シプラ社が製造、販売を行っているバイアグラジェネリックです。100mgまでありますが、錠剤に割れ目がはいっているので100mgで強すぎると感じる場合には半分に割って50mgとして服用ができます。手で割ることもできますが、ピルカッターを使用したほうがきれいに割ることができます。

アグラゴールド
時計
アグラゴールドはインドの製薬企業Health&Beauty社が製造販売しているバイアグラジェネリックです。パッケージが一部日本語表記になっています。

センフォース
時計
センフォースはインドの製薬企業センチュリアン社が製造販売しているバイアグラジェネリックです。

バイアグラジェネリックのなかでも特に価格が安く抑えられています。ED治療としての作用も他のバイアグラジェネリックに引けを取りません。

バイアグラ、バイアグラジェネリックの購入方法

現在EDに悩んでおりバイアグラを購入したいと言う方は多くいらっしゃるかと思います。でも、病院に通ってまでというのはちょっとと躊躇する方も多いようです。やはりEDはデリケートな問題ですから誰にも知られずに治療できるならそうしたいと思うでしょう。

そんな場合は個人輸入代行サービスの通販サイトを利用すると言うのも手です。通常、個人輸入は海外の販売店から直接購入して海外から輸入すると言う方法ですが、そのためには言語の問題や輸入に際しての配送手続きなど大変な手間がかかりますが、代行サービスはそれら手間のかかるやり取りをサービス側がずべて請け負ってくれます。

通販サイトの捜査は大手ショッピング通販サイトと同様の操作で手続きが可能です。決裁もクレジットカードの利用ができますので為替などの煩わしい問題も解決します。

また、価格も正規のバイアグラでも10%ほど値引きして購入ができます。バイアグラのジェネリック製品であればバイアグラの30%程度の価格で購入が可能です。

バイアグラ、バイアグラジェネリックのご購入はこちらから

バイアグラの効果

バイアグラは初めてED治療薬として認可を受け、販売されました。有効成分のシルデナフィルは勃起を阻害するPDE5という酵素の働きを弱めることで、勃起を維持しやすいように血流を維持する効果を持ちます。

服用後、30~1時間程度で効果を発揮し、その効果は約4~6時間程度持続します。その間ずっと勃起しっぱなしと言う訳ではなく、性的欲求が冷めれば勃起も治まり、また、性欲が回復すれば勃起も再び起こります。

初めてのED治療薬であるバイアグラは、その作用の強さからいまだ多くの方が使用されている半面、初めてのED治療薬と言うこともあって、食後に服用すると思ったような効果が働かなかったり、顔の紅潮やほてりなど、ED治療薬の副作用と言ったところで改善の必要はありました。ただ、発売からすでに20年も経ち、多くのジェネリック医薬品も登場しているバイアグラの信頼はゆるぎないものとなっております。

バイアグラの副作用

ED治療薬として初めて医薬品としての認可を受けたバイアグラですが、医薬品として高い効果がある分、副作用もありました。

バイアグラの副作用で特に多かったものとしては血管拡張の影響によるものが多く、顔のほてりや紅潮(顔が赤くなる)血管性の頭痛や動悸と言ったものがあります。

その他にも消化不良や鼻炎、視覚障害と言った副作用も確認されております。

バイアグラによる副作用のほとんどは軽度のもので、頭痛などは市販の頭痛薬で対処可能です。

狭心症など心臓の障害や狭心症治療のためのニトログリセリンなどの硝酸薬を服用されている方は原則としてバイアグラの使用は禁忌とされています。
バイアグラの主な副作用一覧
  • 紅潮
  • ほてり
  • 動悸
  • 頭痛
  • めまい
  • 消化不良

バイアグラの偽物

バイアグラの偽物
バイアグラを個人輸入で海外から入手する際に最も注意しなければいけないことは偽造品を購入しないようにすることです。

偽造品は正規のバイアグラには通常の配合量以上の成分が配合されていたり、そもそも配合されていない成分や人体には有害な成分が含まれていることもあり、また、偽造品の製造工場は品質管理は皆無であり、偽造品を服用することの健康リスクはとても大きいものです。

個人輸入で医薬品を購入することは当然リスクがあるのですが、最低限の知っておくべき知識を持つことでそのリスクは大幅に減らすことができます。偽造品をつかまされないためにも、健康のためにも知っておくべきことでしょう。

最低限知っておくべき知識としては、製造国、パッケージ、配合量、購入手続きを行う輸入代行サイトの企業情報です。これらの情報を確認して購入することで、偽造品を購入するリスクを減らすことができます。

バイアグラの偽物についての詳細はこちらから

バイアグラで早漏を改善

バイアグラで早漏を改善
バイアグラで早漏治療?とお思いの方も多いかと思いますが、事実としてED治療にバイアグラを服用した結果早漏が改善したと言う報告はあります。EDと早漏の原因そのものはまったく異なるものであるのにもかかわらず、EDを治療していくなかで早漏が改善することは少なからぬ因果関係があるからに他なりません。

EDと早漏、それぞれの原因となる神経伝達が異なるため、直接の治療とはなりません。ですが、早漏にはEDと同様に心因的なものが原因となることがあります。

EDによって十分な勃起ができない、中折れが起きて最後まで性行為ができないといったことで不安を持ってしまい精神的なストレスを受けてしまいます。そういったEDの諸症状がきっかけとなって早漏を併発すると言ったことが起きます。

であれば、EDを改善すればEDを起因としたストレスによって併発してしまった早漏に対しては、EDを治療することで圧し掛かったストレスを取り除くことができ、その結果として早漏が改善できると言う訳です。

バイアグラで早漏を改善についての詳細はこちらから

バイアグラの歴史

時計
世界中に出回っているED治療薬、バイアグラ。この薬品はいったいどんな過程で誕生したのか、そう考えたことはないでしょうか?

そもそもバイアグラとは開発当初からED治療薬として開発が進められて生み出された薬品ではありません

元々は製薬会社ファイザーが狭心症としてのバイアグラの開発をしていましたが、その過程で副作用として勃起するということが分かり勃起不全薬としての開発が進められたことで誕生したものなのです。

開発当初の目的は狭心症の病気治療薬を開発することでした。この開発中の薬の成分は現在のバイアグラの主成分である、クエン酸「シルデナフィル」という名前でした。

幾度も臨床研究を行うものの狭心症治療薬としてシルデナフィルは思った効果を発揮しませんでした。しかしその過程で偶然にも、強く硬い勃起を引き起こす作用をもっているということが判明したのです。

この勃起現象を起こすという事実を知るきっかけの一つがシルデナフィルの試験薬を使った人たちが薬品を返してこないことに気づいたことでした。被験者が余剰の試験薬を返却するのを渋り、理由を聞いたことで勃起現象が起きることを知ったのです。

ファイザー社の研究者達はこの薬は狭心症のためではなく、ED治療薬として研究を進めることにしました。勃起促進作用があるシルデナフィルの研究が進められ、1996年にその特許申請が認められ、1998年3月27日にアメリカ食品医薬品局(FDA)に認可されました。

バイアグラの開発製造元であるファイザーはFDA承認後、勃起不全症(ED)の治療薬として、シルデナフィルを大々的に宣伝しました。そして、シルデナフィル(商標名:バイアグラ)は世界中の勃起不全の男性の間で話題となり、現在までED治療に大きく貢献しています。

発売当初は、「夢の薬」「画期的新薬」とまでいわれたバイアグラは、瞬く間に世界中で話題になりました。

日本上陸
日本も例外ではなく、国内で正式に販売が認可される前から個人輸入をする人が続出し、違法な転売を行うブローカーも現れました。病院で処方を受けたものではため医師の指導もなく、正確な知識がないまま服用して重大な健康被害、あるいは死亡する事件が多数起きてしまいました。

この事態を重く見た厚生労働省(当時は厚生省)では、国内でも正式にバイアグラの販売を開始するために、バイアグラの認可作業を急ぎ、1999年には異例の早さで承認され、販売が開始されました。そして現在では、バイアグラの流通が活発となり誰でもバイアグラを購入できるようになりました。

ばいあぐら

勃起不全とは